映画情報サイト「シネマヒッツ」にインタビュー記事が掲載されました!

【オクトパストラベラー】オクトパストラベラーⅡは神ゲー!正直な感想をまとめてみた

お疲れさまですーー「ユヲン」ですーー

かなり期間を空けてのブログ執筆でございます・・・
というのも、色々と忙しいのもあったのですが、
オクトパストラベラーⅡ


があまりにも面白すぎるために、
土日になればすぐに手を出してしまうほどです!!

ブログの執筆を忘れてしまうほどに熱中してしまうので、ブログも書いていませんでした・・・


今回は新作「オクトパストラベラーⅡ」を20~30時間やってみて思った正直な感想をお伝えします!!
「やろうか迷っている方」、
「なにかSwitchのゲームを探している方」
にピッタリの記事となりますので、ぜひとも見ていってください!!

(初代のオクトパストラベラーの紹介は以下の記事も
ぜひとも見てみてください!)

https://yuwonblog.com/%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%92%e3%82%84/
目次

【オクトパストラベラー】オクトパストラベラーⅡは神ゲー!正直な感想をまとめてみた

正直言って・・・

オクトパストラベラーⅡは売れ行きがそこまでよくないという話を
ちらほらと耳にします。
このせいで、買うのをためらう人がいるかもしれませんが・・・

私は
「やっておかなければ損する、やらなきゃ後悔する」
と思えるほど、素晴らしい作品だと思います!!

正直、なんでこのクオリティで売れ行きが悪いのかが分からないほどです!!

迷っている方は即買っていいぐらいのレベルです。
では、「なぜこんなにも絶賛するのか??」について次からご紹介します!

前作に比べてのレベルアップ具合が半端ない

2Dとは思えないグラフィック

前作から今作にかけて5年ほどあり、その5年の間でかなり改善されているのが見受けられます!!

まず1つに、グラフィックの滑らかさ、壮大さ、綺麗さは
各段に上がっており、
1場面、1場面が1つのアート、作品と思えるほどです!
初めてオクトパストラベラーをやる人、オクトパストラベラーをやっていた方も
「え、本当に2D?!」
と驚くはずです!

見ていて飽きないし、次はどんなグラフィック、
作品に出会えるんだろうとワクワク感が半端ないです!

OCTOPATH TRAVELERⅡ 公式サイトhttps://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler2/

前作より濃密に練られたストーリー

前作の各キャラクターのストーリーというのは、
正直に言うと「よくある話だなー、展開が読める・・・」
というのもあり、なかなかゲームを進められなかったのですが・・・

今回はそこが大きく異なっていて、
「この先どうなるんだ!?止まらねー!!」
という展開が多いです!!ストーリーがかなり練られているのを
1章からビシビシと感じられます!

グラフィックが更に壮大になったのもあり、
各キャラクターの「大河ドラマ」を見ているような感覚です!!

OCTOPATH TRAVELERⅡ 公式サイトhttps://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler2/about/

ちなみに、第1章で「この先どうなるんだ気になる!!」
ベスト3(あくまでも個人的になので・・・)は、

1位 キャスティ
2位 ヒカリ
3位 ソローネ


です!!

なんといってもBGMが神

オクトパストラベラーを語る場合には、絶対欠かせないのが
BGMです!!

前作に比べ、フィールドが大きくなったおかげで、
そのキャラクター、登場する国の文化を感じられるような音楽にテイストが変わっており、聴くたびにテンションが上がったり、落ち着けたりと最高です!!

例えば、
ヒカリという登場人物は日本の侍をモチーフとしているっぽいので、
尺八や琴を感じられるようなBGMだったり、

欧米文化をモチーフとしている国では、ロックな音楽だったりと・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

趣味を書くブロガー
・非常に多趣味
・70か所以上のサウナ施設
・多ジャンルのゲームに精通
・アニメも各シーズン確認
・Withマーケでブログを勉強中
多くの人に新たな趣味に出会えるように記事を投稿中

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次